事業用車両 任意保険 加入

営業用の車と事業用車両の違いと任意保険について

自動車保険 事業用車両

 

営業用の自動車は、どの保険会社でも任意保険に加入することができます。

 

黒ナンバーというのは、商業目的で使う軽自動車に付けるナンバープレートのことで、貨物を運送することのみに認められています。

 

運送業などを軽自動車で行う場合には、一目で事業に使っている車と認識できるようになっていて、走行距離も多く、様々な道を走る必要があるため、事故のリスクも高くなってしまいます。そのため、任意保険の保険料は、通常の黄色ナンバーよりも高くなります。

 

緑ナンバーは、引越業者やタクシーなどの、営業目的で使用する場合、営業用の緑ナンバーとなります。

 

営業用の車両の場合は、国土交通省から許可を得て操業しているため、使用が不能となったからといって、無許可の車で代替えをすることができませんから、そのまま利益を上げることができなくなってしまいます。

 

そのため、自動車保険の加入を検討する人も多いと思いますが、黒ナンバーや緑ナンバーの事業用車両の自動車保険というのは、ネットで保険を検討できる保険会社が限られていて、加入できる車種も限定されていますから、自動車保険への加入に苦労する事業主も少なくありません。

 

一般的に軽自動車の任意保険というのは、普通車と比べると安くなりますが、営業用となると、走る距離が多くなる文、自己を起こす確率が高くなり、保険料は高くなってしまいます。

 

黒ナンバーの任意保険は、通販型の保険会社はほとんど取り扱いがなく、大手の損保会社しか選択肢しかありません。

 

また、任意保険のほかにも、配送中の荷物の損害などを保障する貨物保険にも加入する必要があります。

 

個人用の貨物保険を取り扱っているところはほとんどありませんから、団体割引が適用されるような共済会や組織を探すとよいでしょう。